写真提供 (有)渦屋、(有)サカモトア−トシステム
無断転載を禁ず

水仙郷

水仙郷



トップページへ
AWAJI Nature Map へ
12月から3月下旬にかけて、淡路島は「水仙の島」となります。

島内に2カ所ある「水仙郷」はもちろんのこと、国道沿いの斜面などにも自生の水仙が咲き乱れています。
淡路に自生する水仙は園芸品種のような派手さはありませんが、水仙本来の「清潔さ」「上品さ」をもった花だと思います。日本人の「水仙」のイメージはこんな花なのではないでしょうか。
またお正月が終わる頃からそろそろ菜の花が黄色に、路地ものの「キンセンカ」もオレンジ色に咲き誇り、冷たく澄んだ空気の中にもひとあし早い春を届けてくれます。
水仙郷に立ち寄る途中、高速道路を少し降りて花をさがしながらゆっくり走ってみませんか?


おすすめ
おすすめスポット

灘黒岩水仙郷
約7ヘクタールの海に面した山の斜面に、500万本以上の野生の水仙が咲いています。
紀伊水道を一望できる絶景の地に水仙の清らかな香りがただよい、しばし都会の騒音を忘れさせてくれます。
南淡町営施設です。


立川水仙郷
こちらは黒岩水仙郷より少し山の中にあり、海を遠くに望む谷間に約600万本の水仙が咲き乱れています。全体の広さは灘黒岩水仙郷よりも大きめです。
某番組で「なぞのパラダイス」として取り上げられたことを記憶していらっしゃる方も多いのでは・・・?


水仙の花のピークは1月から2月にかけてといったところですが、二つの水仙郷では立地条件などがちがうため若干のズレがあるようです。事前に問い合わせするか、車でなら両方廻ってみるというのがいいかもしれません。



Other Flowers
キンセンカや菜の花は、国道28号線をずっと走っていると畑が点在しています。特に東浦町周辺では花の栽培がさかんです。
ただし花の季節は常識と少しずれているようなところもありますので注意してください。たとえば「菜の花」は「春の花」だと思っていらっしゃる方、淡路島の菜の花畑は1月〜2月が満開です。3月に訪れても、もう終わってしまった畑を見ることになるかもしれません。(それはそれで咲かせっぱなしの菜の花もきれいなものですが・・・)

その他、津名町のコスモス街道(国道28号線「大谷」交差点から、津名一宮I.C.に至る県道66号線)沿いに植えられたコスモスも夏頃から咲き始め、晩秋・初冬まで咲いています。一宮町では休耕田にコスモスを植え、秋には「コスモス祭り」を開催するそうです。(残念ながら昨年は台風の被害でコスモスがダメになってしまい、中止となりました。)
津名一宮I.C.の入り口手前(某ホームセンター駐車場横)は去年は大きな菜の花畑になっていたのですが、今年もやってくれるのでしょうか・・・?


最近は産直物産の販売店でも、「切り花」を扱うところが増えたようです。お花畑を楽しんだ後は、花をお土産にいかがですか。
切り花はさすがに産直、新鮮なだけあって普通よりずっと長持ちします。2月の中旬に贈ったカーネーションの花束は、1ヶ月間咲き続けて「造花ですか?」と尋ねられたそうです。





交通案内交通案内 おいしいものはなにかな?