写真提供 (有)渦屋、(有)サカモトア−トシステム
無断転載を禁ず

明石海峡

明石海峡大橋

下の画像にマウスでさわってみてください



トップページへ
AWAJI Nature Map へ

「明石海峡大橋」の開通で一躍、関西の一大観光スポットとなった淡路島。

開通直後のG.W.の混雑ぶりは今でも島民の間で語り草となっているほど。
「もうあんなに混んでいるところはこりごり」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

開通ラッシュも一段落ついたようで、少しずつ淡路も落ち着きを取り戻しつつありますが、まだまだ週末・連休などは混んでいるようです。
特に淡路サービスエリア(下り)には、朝早い時間から駐車場待ちの行列ができています。でも同じ時間帯に上りサービスエリアは意外にすいていたりします。S.A.から明石海峡大橋を見たい、という方は一度淡路I.C.から高速を降りてみてください。そこから「県立淡路島公園」や「あわじ花さじき」などに立ち寄ったあと、東浦インターから上り路線を使うというのが案外いいかもしれません。(料金\300-はかかりますが)
淡路S.A.内ではUターンもできますので、サービスエリアやハイウェイオアシスで楽しんだ後は津名・洲本方面にも行けます。
また上りサービスエリアの方が下りより高い場所に作られているので、景色も若干いいかも・・・・・?

おすすめスポット
あわじ花さじき
広大な丘陵地にお花畑が広がります。お花畑の面積は約16ヘクタール(甲子園球場4つ分)。
春には菜の花が満開、黄色のじゅうたんになります。春以外にもそれぞれの季節の花でじゅうたんができていますので、毎シーズン訪れてみてください。明石海峡や大阪湾も見渡せて、絶景 ! ! です。
日陰があまりありませんから、夏は日焼け対策に帽子を用意した方がいいかもしれません。入場無料です。

県立淡路島公園
「水辺のエリア」は、大型の遊具やロングスライダー(大きなすべり台)が設置され、あまり混雑もしていませんから子供連れにはうれしいスポットです。海は見えませんが、静かな森林公園といった趣です。
「展望エリア」からは明石海峡が一望でき、晴れた日には大阪湾をはさんで大阪や神戸の街も見えます。桜の木もたくさんあり、隠れたお花見スポットにもなっています。
各エリア間は少し離れているので、車で移動しなければなりませんが(「いえいえ、なんたってウォーキングです!」とおっしゃる方には軽いトレッキングコースにぴったりです。)、どちらもちがった良さがあるのでぜひ両方廻ってみてください。

この公園も大橋開通でさぞや混んでいることだろうと思っていたのですが、案外いつもすいています。ゆっくり森林浴、ぼんやり海をながめるなんて、生活にうるおいやゆとりを求めたくなったらおいでください。

淡路ハイウェイオアシス
県立淡路島公園内にあり、神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアに隣接しています。
花と緑に囲まれた広い敷地内のメインの建物は3つ。
オアシス館
淡路のおみやげならほとんど揃う土産物コーナーやガーデニングショップ、軽食の楽しめる大型レストランがある。2Fには淡路の観光案内を検索できるマシンなども設置。
地ビールレストラン
南欧料理と地ビールが楽しめます。ここのビールは淡路の他の場所では買えないみたいです。
レストラン・カフェテラス
静かな本格的レストランです。

交通案内交通案内 特産品おいしいものはなにかな?