bar-fgh.gif 20-02.gif

「淡路島の豊かなイメージを伝えたい」

うずしお名産店/辻本嘉三郎さん 

 
辻本嘉三郎さんは、第二次大戦後に大阪から淡路島にきた。それから今まで、おみや げやさんとして、観光客のひとびとに淡路島のよさを伝えてきた。今年でなんと89 才、それでもツヤツヤとした笑顔で元気そのものだ。
辻本さんがきたころの淡路島は、もちろん風景は今以上にバツグンだったが、道路事 情がわるく「そろばんみたいな道やった」そうだ。昭和30年代に入って、道路が整 備され、観光客が多く訪れるようになってきた。

「そのころが一番元気やったな」と、昔をなつかしむ。
「昔は淡路島にも汽車が走ってたんや。そこが駅だったんだよ」 などと、いろいろ淡路島の歴史を教えてくれた。

おみやげは、昔は干物、鳴門オレンジなどの人気が高かった。
今の辻本さんおすす めのおみやげは、鳴門のわかめだ。鳴門海峡の速い流れで、はぐくまれたおいしさが 、どこにもないものだと胸を張る。自信をもってすすめられる一品だという。

おみやげを通して、淡路島の豊かなイメージを伝えていきたいと語ってくれた。

warew.gif  
modoru.gif tsugi.gif tohp.gif
bar-end.gif